赤外線サーモグラフィー調査とは~適切な雨漏り修理は原因解明から~

雨漏りの調査は赤外線サーモグラフィーがオススメ!

雨漏りの原因を特定するには専門の知識と経験が必要です。雨漏りの調査の専門家に依頼することで、雨漏りの原因を確実に特定することができます。ここでは、業者が行なう赤外線サーモグラフィー調査についてご紹介します。

雨漏りの調査の必要性

雨漏りを確実に修理するためには、しっかり調査を行なうことが重要となります。雨漏りが発生している箇所を特定した上で、はじめて適切な対処法が提案できるのです。しかし、原因を特定するのはプロの技術を持っても容易なことではありません。そのため、信頼のおけるに業者に雨漏り調査をしてもらうことが、早期解決のために最も重要なポイントとなるのです。

赤外線サーモグラフィーによる雨漏りの調査とは?

雨漏りの調査方法にも様々な種類がありますが、最も信用性が高いのが赤外線サーモグラフィーを使用した調査方法です。建物を高感度赤外線カメラで撮影し、住宅内に温度差のある箇所が見られたら、その箇所を重点的に調査する方法になります。多くの業者では散水調査と併用して行なうため、少し手間はかかりますが信頼性の高い調査方法と言えるでしょう。

赤外線サーモグラフィーは向き不向きがある

赤外線サーモグラフィーに向いている建物
赤外線サーモグラフィー調査は、サッシや外壁といった箇所で効果を発揮します。そのため、赤外線サーモグラフィー調査を依頼する際は、ある程度雨漏り箇所の特定ができてからが良いでしょう。また撮影時には三脚を用いるため、道路沿いや角地といった撮影しやすい環境であることが好まれます。
赤外線サーモグラフィーに不向きな建物
赤外線サーモグラフィーに不向きな住宅として、金属素材を使用した屋根が挙げられます。建物周囲に樹木や電線が行き交っている環境や、近隣住宅との距離が短い環境も適しておりません。都市部のような住宅密集地では、赤外線サーモグラフィー調査が困難となるケースも多い傾向にあります。

赤外線サーモグラフィー調査を依頼する前には、自分の住んでいる住宅はどの調査が向いているかどうか見極めてから依頼するようにしましょう。

赤外線サーモグラフィーで雨漏りを調査するメリット

赤外線サーモグラフィー調査の利点とは?

通常の雨漏り調査では建物の破壊を伴う開口作業を行なうため、調査以外の修繕費用がかかってしまうケースがあります。しかし、赤外線サーモグラフィー調査は非破壊で調査ができるため、通常の調査を比べて安く利用できるのです。また、高精度のカメラを使用しているので、スピーディーに原因が特定できるメリットもあります。

赤外線サーモグラフィー調査を業者に依頼したw人々の声

雨漏りの原因箇所が分からず困っていました。(30代/T様)

古い民家を購入した際に雨漏りしていることに気付き、疑わしい箇所を自分で修繕していました。しかし、1年経っても雨漏りは解消せず、むしろ悪くなる一方でした。その際に雨漏り修理会社に調査依頼をお願いしたのですが、赤外線サーモグラフィー調査により即座に原因が特定できたのです。原因を特定した上で修理を施していただいたので、それ以降雨漏りに苛まれるようなこともなくなりました。

高い場所の雨漏りもちゃんと調査してくれました。(40代/S様)

天井から雨漏りが起こり、自分で原因を突き止めるにも高所のため半ば諦めていました。しかし、専門業者に雨漏り調査を依頼したところ、赤外線サーモグラフィーで高所の雨漏り箇所もピンポイントで見つけ出してもらえたのです。原因が特定できてから修理まではあっという間に施して頂きました。修理以降、雨漏りが再発するようなこともありません。

TOPボタン