赤外線サーモグラフィー以外の雨漏り調査方法の解説

赤外線サーモグラフィーだけじゃない!様々な雨漏りの調査方法

男性

雨漏りの調査は赤外線サーモグラフィーだけではありません。他にも様々な方法で雨漏りの原因を特定することができます。雨漏りの調査には、他にどんな方法があるのか見ていきましょう。

業者がオススメする赤外線サーモグラフィー以外の調査方法

一番オーソドックスなのは目視による調査です。(専門業者)

目視調査とは、実際に屋根裏や窓周りを目視で確認していく調査方法です。調査の精度は調査員の技術や経験が重要になりますが、多くの雨漏り修理会社では無料で行なってもらえるので、最もリーズナブルな調査方法と言えるでしょう。

散水調査で雨漏りの再現をして原因を特定することもあります。(専門業者)

散水調査とは雨漏りが疑わしい場所へ実際に散水を行ない、雨漏りを再現してみる方法です。散水調査のメリットとして、効果が最も分かりやすいことが挙げられます。目視調査よりも手間や費用がかかるため、調査を依頼する際は調査料金をあらかじめ聞いておくと良いでしょう。赤外線サーモグラフィー調査は、散水調査と並行して行なうことで、より高い精度での調査が可能となります。

発光液調査では、色で原因箇所を特定することができます。(専門業者)

ユニークな雨漏り調査方法として、発光液調査が挙げられます。発光液を混ぜた検査液を雨漏り箇所へ流し込み、住宅内から紫外線を当てて発光した箇所を雨漏り箇所と特定する調査方法です。雨漏り被害の多くが数か所から漏れているケースが考えられるため、発光液を使用した調査は雨漏りをより確実に修復することが可能となります。発光液は建物への影響がない作りになっているため、変色や退色といった心配もありません。

このように雨漏りの調査と言っても、様々な方法があるのです。費用などをしっかり比較して、自分が納得のいく方法で調査してもらい確実に雨漏りの原因を特定しましょう。

TOPボタン